イギリスで使用されている英単語

日本人が授業で習う英語は主にアメリカ英語で、英語の本場と言われているイギリス英語は少し、日本人が馴染みのあるものとは異なる部分があります。イギリス人と英会話を楽しめるよう、イギリス英語の知識に少しでも触れておくことで、自分の世界観も広がり、旅行などの際に役立つ時がくるでしょう。それではアメリカ英語とイギリス英語で使用されている単語の違いについてみていきましょう。まず、「予約をする」という単語です。アメリアでは一般的に「reserve」が使用されていますが、イギリスでは「book」という単語が使用されています。「本」という意味で認識している人が多いかと思いますが、動詞で「予約する」という意味もあるのです。アメリカ英語ではあまり使用されることはないのですが、イギリス英語では一般的に「book」が使用されることが多いので、イギリス人との英会話の際には「book」を使用するようにしましょう。日本人でもよく耳にするのが「ダブルブッキング」という単語があります。予定が2つ以上重なってしまうことを表しますが、本来「booking」とは「予約」という意味があります。予約がダブルになってしまうということからこの単語が生まれているのです。次に、電車などの切符の表現方法の違いについてみていきましょう。片道切符のことをアメリカでは「one-way ticket」と言います。片道という単語で「one way」を覚えている人が多いかと思うので、日本人にも馴染みのある表現です。一方イギリスでは「single ticket」と言います。意味を知っていれば理解できる単語ですので、片道切符を意味するということを覚えておきましょう。また、往復切符のことはアメリカでは「round-trip ticket」といいます。一周するという考え方です。一方イギリスでは「return ticket」と言います。戻ってくるという考え方をするのです。どちらの表現でも理解できるよう覚えておきましょう。

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published.