多彩な世界の「トイレ」

皆さんは、海外の街中で「トイレ」を探す時に、どのような英会話の表現を行っていますか?「トイレ」に関する英会話表現をマスターする事は、日常生活においてとても大切なコミュニケーションでもありますので、きちんとした「トイレ」に関する英会話の基本を学習したいものです。基本と言いましても、「トイレ」=「Toilet」さえ覚えておけば、おおよそ英語圏の国々であれば、日常的な英会話の中では、それなりに通じてしまうものかもしれませんが、日本語に、「トイレ」「便所」「お手洗い」「洗面所」「WC」などといった、「トイレ」に関する多彩な表現があるように、英語を話す国々の間でも、様々な「トイレ」を表わす英会話表現があるようです。■Toilet■Bathroom■Restroom■Ladies room■Men’s room■Comfort room■Comfort break■WC■CR など、同じ英語を話す国々の中でも、「トイレ」に関する表現は多種多様なようです。それぞれの国々には、主流な「トイレ」の表現があるようですが、アメリカなどですと公用のトイレは「Restroom」、個人宅のトイレは「Bathroom」などと表現され、カジュアルな会話の中で「Toilet」などを使い分けするような事もあるようです。イギリスなどは、日常的に「Toilet」を英会話表現として使用しているようですが、女性、男性に分けて、「Ladies room」「Men’s room」などと言う事で、よりスマートに表現する事ができます。フィリピンなどでは、「Comfort room」を多くの場面で使用しているようで、略して「CR」などと表現される事もあるようです。

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published.