海外でのパーティーパフォーマンス

留学やホームステイ、またはビジネスにおいて短期、もしくは長期においても海外生活を過ごす間で、パーティーにお誘いを受ける機会は多くあると思われます。その際に、初対面の人ばかりの中でなかなか会話の糸口が、みつけられなかったり、自己紹介をしてくれと言われても英会話がスラスラと出て来ない事もあるかと思われます。そのような時の為に、何か自身の得意な事を準備しておくのは、とても良い事だと思われます。オリジナルのパフォーマンスは、パーティーの場では大変喜ばれ、コミュニケーションの潤滑油として活躍してくれます。言葉を使うパフォーマンスでも構いませんが、英会話に自信のもてない人は、言葉を使わないボディランゲージがメインのパフォーマンスがおすすめです。【パーティーでのパフォーマンスの例】●盆踊り・・・「うちわ」や「扇子」の小道具があると華やかになります。浴衣が着付けられる人は、一式持参しておくと、大変喜ばれるのではないかと思います。盆踊りだけではなく、日本舞踊の得意な人は、そのしぐさを披露するだけでも盛り上がるはずです。●折り紙・・・折り紙は、持ち運びも便利ですので、お土産用とパフォーマンス用として、多少多目に日本から持っていくと便利です。ちょっとしたギフトとして、お礼の意を込めて折り紙を折ってみる事もアイディア次第です。「ツル」は最近、海外の方の中でも折れる人も増加しているようですので、何パターンか練習していくと良いでしょう●マジック・・・マジック自体は日本特有のものではありませんが、言葉を介さなくてもコミュニケーションが可能なパフォーマンスとして、大勢の場では、大変、喜ばれます。●ピアノ、ギターなどの楽器・・・ピアノがパーティーの場に設置されているようであれば、皆さんの前で弾く事で、自分自身をアピールできるかもしれません。ギターなどの演奏が趣味であれば、ギターやウクレレなどを、日本から持参する事も、良いと思われます。楽器による音楽の演奏などで、注目を浴びると新たなコミュニケーションの輪が作り易いです。

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published.