英会話の組み立て方

英会話に限らず、会話の組み立て方として、相手に質問を投げかける際に、予め相手の答えを想定する形で、質問をするビジネス戦略があるようです。そのような会話の航路の舵取りを取る事で、ビジネスの場面などで、会話の主導権を握る事ができるという人もいます。英会話を使った、グローバルなビジネスシーンでは、英会話もままならない上に、会話の舵取りを考えていては、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまう・・・。そのようなビジネストークのピンチに、覚えておいて頂きたいのが、「Open question」と「Closed question」です。カタカナ表記にしますと「オープン・クエスチョン」と「クローズド・クエスチョン」となりますが、それぞれ会話の中での質問形式を表わしています。「Open question」とは、例えば、『何色が好きですか?』といったような質問です。「Closed question」は、『青は好きですか?』といったような質問です。それぞれの質問例を作ってみましょう。■【Open question】・・・どの季節が好きですか?【Closed question】・・・夏は好きですか?■【Open question】・・・どこへ旅行に行きたいですか?【Closed question】・・・インドへ行った事はありますか?■【Open question】・・・何を注文しますか?【Closed question】・・・食後に珈琲は飲みますか?「オープン・クエスチョン」と「クローズド・クエスチョン」を比較してみると、「Open question」は、相手からの返事に自由度があります。「Closed question」は、Yesもしくは、Noで答えられるほど、おおくの場合、シンプルな回答で済み、相手に回答の幅や自由度が少ない事が特徴です。このそれぞれの質問形式の働きを踏まえて、相手に質問を繰り返す事で、ある程度の会話の筋道の舵取りができるとも考えられています。また、相手とのコミュニケーションを取る上で、商談内容のデテールまで話を詰める際、無駄な時間を省く為に、「無駄な質問をしない」という会話構成を考える働きもしてくれそうです。ある程度、日本語での使い分けができるようになったら、英会話でのビジネスシーンで使用してみる事も、良い会話構築に繋がるヒントになるかもしれません。

こうした英会話のhow toを学べるのは、英会話スクールなどが手っ取り早いと思います。

ビジネス英会話なら、ビジネスマンなどがよくいる新宿周辺がおすすめです。

ぜひ一度「英会話 新宿」で英会話スクールを検索してみてください。

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published.