視点を変えること

眼の前で起こっていることに対していろいろな見方ができるというのは素晴らしいことだと思います。
ほとんどの場合、単一な見方しかできなくて悩みも深くなったりするかと思います。
いろいろな見方をしていろいろな捉え方をしているうちに解決法も見えてくるかと思います。
同じものに対して視点を変えて考えることをリフレーミングと呼ぶそうです。
ひとつの枠組みで捉えていることを別の枠組みで捉え直すということだそうです。
一見マイナスも見方を変えるとプラスに見えたりするそうです。
答えはひとつではないということだそうです。
英会話の習得方法もひとつではないということのようです。
外国に行くと、日本のように単一民族ということはないのが判るかと思います。
一つの街にいろんな人種が混じり、文化も食べ物も宗教も価値観も違うし多様性に飛んでいると思います。
だからアメリカ人といっても国籍はアメリカ人であって、文化や食べ物や宗教は他の誰とも違ったりするということのようです。
日本なら「日本人」のカテゴリーで想像がつくものも、「アメリカ人」だからといってもアイルランド系、イタリア系、アフリカ系、メキシコ系、チャイナ系などいろんな人種がいるかと思います。
それぞれに文化や宗教も違うということを知っているのといないのとではかなり違うかと思います。
そうためか、多用な人種で構成されている国は、シャイではいけないということだと思います。
上手くやっていくためには、自分の考えを明確に伝えて説得する必要があるかと思います。
英会話もそういったいろんな価値観を知るためにとても大切な手段だと思います。
はじめはヨチヨチ歩きのようでも、習慣にして英語に浸っていれば必ず英語を理解して話せるようになるそうです。

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published.