赤ちゃんのころからの英語教育

英語教育で早すぎるということはないそうです。
また、赤ちゃんは脳のなかのシナプスは、一番発達している時期ということもあるそうです。
赤ちゃんの時期というのは、劇的な変化が起こっているそうです。
この時期を大切にするのも英語教育にとってとても大切だそうです。
赤ちゃんはママと一緒のときが多いですから、ママも一緒に英会話を勉強するつもりでいいかと思います。
赤ちゃんはママが好きなものが大好きということもあるようです。
ママが英語を使ったり、英語の勉強をしていると赤ちゃんも勉強しているのと同じになるそうです。
また、世界中で英語を使う人達がいます。
地域や国によっても発音が違ったりアクセントが違ったりするそうです。
アメリカ英語、イギリス英語、シンガポール、インドと英語は微妙に違うそうですが、そこでママが選ぶ必要はないそうです。
また、女の先生がいいとか男の先生だと泣き出すということもあるかもしれませんが、だからといってママが選んであげる必要はないそうです。
赤ちゃんはいろんなことを吸収している真っ最中だそうです。
たくさんの経験を積ませてあげた方が、赤ちゃんのためにもなるそうです。
高齢者のあいだでも英会話が人気だそうです。
もちろん発音だとかアクセントだとかを考えることなく、チャレンジしていくことが大切だそうです。
老けない頭というのは、考える人になることだそうです。頭を使い続けることはとても大切だそうです。
考えることがクセになっていると脳の力になるそうです。人間の脳は何度も繰り返して考えることでアイディアが産まれたりするそうです。
英会話は考える力も必要となるそうです。
いくつになっても英会話の勉強をすることは脳にとってとても良いことのようです。

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published.